ルーパス・アレンと暮らす楽しい日々
アレルギーだらけで(>_<)
2014年10月25日 (土) | 編集 |

すっかりご無沙汰しておりました。
気がつけば6ヶ月も更新してなかった。
記録のためにもと思い、やっとこさ更新です。


アレンのお腹の状態が9月上旬から安定せず。
最初の頃は固めの日が多かったのが、段々と柔らかすぎるものばかり。
お腹もグルグル、キューキューと鳴りまくり。
お薬飲んでも殆ど効果なく。
クッシングの薬を飲んでるのでステロイドも使えず。


でも、食欲はあるのだけど緩くなるからたくさんは食べられずの状態がずーっと。
ルーパスと同じ状態になってしまうのでは。。。と心配の日々でありました。



以前は食物アレルギーの検査って結果と症状があまり合致することが少なかったようですが、IgE検査とリンパ球反応検査をやることでかなり信頼性が上がったとのことでアレンも両方の検査を受けました。


その結果、IgE検査では主要なたんぱく質、炭水化物は全滅。
唯一、大豆とサーモンは大丈夫そうでしたが、実際の数値を見ると陰性の上限ギリギリの数値でした。

幸いリンパ球反応検査は全て陰性。



ということで、お腹の状態がユルユルなのも恐らく食物アレルギーだろうという診断。
本来は内視鏡してIBDかどうかを確定診断するほうが良いのでしょうが。
前回の麻酔後に急性緑内障になったこともあり今回はひとまず見送り。

借りにIBDだとしてもステロイドは使えないし、食事療法が第一選択となるようなので、ご飯を変えて反応すればひとまずは良しということ。



で、大腸炎の薬を飲みつつ食事療法開始となりました。
今のアレンが食べて良いものはロイヤルカナン アミノペプチドフォーミュラのみ。
たんぱく質を低分子プロテイン系よりも更に細かくアミノ酸レベルまで分解したものらしいです。


それから、サプリも全て中止。
抗不安サプリのジルケーンもミルクからできてるので中止となりました。


ジルケーンをやめたら飲水量が1400mlオーバーと恐ろしいことになったので一度再開してみたら、見事にお腹ユルユル(ノ_<。)


再度ジルケーンを中止してやっとこさ、昨日あたりから硬さの丁度良いが出るようになってきました。
いやぁ、2ヶ月ぶりに最後まで固まったものを見た時は感動ものでしたよ!



アミノペプチドフォーミュラを1年続けるとIgEがリセットされるとメーカーがうたっているのでそれに期待したいところです。
飲水量の多さと、腎臓メインのフードからアレルギーメインに変更になるので、腎臓も心配だけど。
お腹の状態が悪いのは全てにおいて良くないので仕方ありません。



注意することは、処方食以外を一切食べさせないと言うこと。
大好きなキュウリもリンゴもあげられなくなっちゃいました。
人の食事中に食べ物が下に落ちないようにひたすら気を付けて食べてます。


この2ヶ月で1kg落ちた体重を少しずつ戻していけるのが目標。
昔、ルーパスの治療中に私が焦って増やし過ぎてOPPを酷くしてしまったことがあるので、本当に少しずつ少しずつご飯の量を増やしています。




次から次へといろいろあるアレンですが、その度に克服してきたので今回もきっと大丈夫のはず!!


とはいえ、ユルユルの怖さは身にしみているので、これだけ長い間ユルユルが続くとさすがに凹んでました。
なかなか、成長できない飼い主です(*-゛-)






現在コメント欄は閉じたままとさせてもらっています。




シェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラック
ランキングに参加しています。
ポチっと押してくれると励みになります♪
           
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
「ブログ村 シェルティー」のランキングです。

スポンサーサイト