ルーパス・アレンと暮らす楽しい日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





たまにはちょっとまじめに。。。?
2008年04月26日 (土) | 編集 |
今日は、なんとなく自分の中に溜まってることを。。。

前回の記事のカートに乗せて、エレベーターを降りてエントランスの外でいつも降ろすんだけど。
たまにね、「あら、お犬様様ねえ」って言われることがある。
共有部分は抱っこもしくはカートって決まってるのになあ。。。って思う。


数年前、うちの車は後ろから来た車にぶつけられたのですが。
その時に、まだルーパスだけだったんだけど。
助手席にワンコ用のドライブボックスをつけて乗せてた。
そうしたら、ぶつけてきた相手の人が「あ、もしかして赤ちゃんが??あ~、犬だったんですね。良かった。。。」って言った。

たったこの一言が私にはどうしても我慢できず、一切車からでず一言もしゃべりたくなくなった。
数年前のことだけど、何気に頭に残っているんだよね。

ふむふむ

「ママはなにお話ししてるんだろう??」


よくさ、犬を擬人化していて嫌だっていう人いるでしょう??
「うちの子」とか「ママ・パパ」って言ってるのがおかしいって。
あくまでも、これは表現の問題だと思っているのでこのブログでもこういう表現を使ってるんだけど。

完全に擬人化してるつもりはないんだよね。
だけどさ、ルーパスアレンにとって、私やオットはやっぱり「ママ・パパ」だと思う。
母親みたいに守ってあげなくちゃって思って接しているのは事実。
そして、人が嫌いにならないように。人に危害だけは加えないようにって。
人は怖くないんだってわかってくれれば、自分から危害を与えることは無いはずだから。

だからといって、甘やかしたりしてるつもりはないですよ。
駄目なことは許さないし、やめてほしいことは絶対にやめさせます。

2頭にとってはオットや私しかいないんだからねえ。
他にこの2頭を守れる人はいないんだから。

アレンを迎えるにあたっては、すっごい悩んだもん。
そりゃあ、物理的なことや金銭的なことももちろんなんだけど。
実はそれ以上に「1頭だけでなく更にもう一つの命を責任持って預かれるか」ってこと。
大丈夫できる!って思えたから迎えることにしたんだけど。


ルーパスの誕生日がきてから、実はいろいろとこうやって考えちゃう。
もう3歳、まだ3歳。
まあ、本当だったらまだまだ3歳っていう表現なんだろうけど。

職業柄か性格なのか、生きることとか死ぬことに対してちょっと敏感に考えてしまう私です。
最近仕事でいろいろあったせいもあるんだけど、余計にそういうことを考えちゃう。
普通にいって私たちより短い命だからね。

だからこそ、日々の表情とか笑顔とかを当たり前だって思っちゃいけないんだなあって思う。
ワンズに対して、今日は疲れたからなあっていう言い訳をなるべく言わない。
そりゃあ、言っちゃうこともあるけどなるべく言わないようにって思うようになった。

そして気が付いたら、寝るときに無意識に「明日もママに元気に笑顔でおはよう!って言ってね♪」って毎日声をかけてる自分がいます。

何を書いてるんだろう??

「ママ、話が長いから眠くなっちゃったよ」

眠くなっちゃったよ

「ボクも。。。。もう。。。(∪。∪)。。。zzzZZZ」


本当に今日の記事は支離滅裂かも。
時々、こういう波がくるんだよね。

とりあえず、ブログやってて良かった。
こうやって、自分の考えてることをかけるし、ブログのためにって思いつつもたくさん写真も撮るし。
ブログをやっていなかったら、きっとこんなに写真撮ってなかっただろうなあ。。。



シェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラック

よろしければポチっとお願いします。
たくさんのシェルティに会えますよ♪

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ぁあ~、、、 良く判る気がします。
擬人化 とはちょっと違うんだけど、やっぱり『うちの仔』です。
お姉ちゃんやお兄ちゃんと同格では無いけど我が仔のような・・・
人間の言葉を話せないのだから その分 飼い主としてしっかりと
見てあげて 守ってあげなきゃ って思います。

2008/04/27(日) 01:18:31 | URL | cocoパパ #foXWqhY.[ 編集]
私は、犬と暮らす人間の中では、
「犬は犬」と思っている方だと、自分では
思っているんですよ。
犬を飼っている人同士の会話では
「うちの子」ってよく言いますが、
飼っていない人には
「うちの犬」って言うようにしているとか、
ラズムに「ブーブーきたよ~」とか言わないです。
でもね、
>あ~、犬だったんですね。良かった。。。
これは、あったまにきた~!!

このかわいい寝顔、これを守ってあげられるのは、
パパとママ(うちの場合はお父さんとお母さん)しか
いないですよね。
2008/04/27(日) 14:02:01 | URL | らずむっち #/5lgbLzc[ 編集]
車をぶつけられた時の話・・・私もよく覚えてる
なんてこと言うんだろうって思ったし、そういう時にその人の本心が出るんだなぁ~とも思った
とっさの時って、言葉を飾る事が出来ないからねぇ
共有部分でカートに乗せて、「お犬様様」って変だよね?
約束を守ってるだけなのにさぁ~

ワンズは、人より短く普通にいけば、私が旅立ちを見守る立場
だからこそ、笑顔や気持ち良さそうに寝てるのを、見られるのが嬉しいよね(^^)
そして、それを守ってあげなくちゃ!って思うし、その笑顔に人も元気をもらえるよね

私もブログを始めたから、写真がたくさん残ってるよ(^^)

2008/04/27(日) 14:48:22 | URL | りの #mQop/nM.[ 編集]
犬と暮らしている人と、そうでない人では温度差があるでしょうね。
犬と暮らしている人同士でも、やっぱり温度差がありますものね。

わたしもよつばのことを「このコは・・・」とつい言ってしまいますが、
それと猫っかわいがりとは違うと思います。
問題なのは甘やかして猫っかわいがりして、
周りのことが目に入ってない飼い主だと思います。
でも、世間では混同されちゃうのかな・・・

共同スペースで、カートや抱っこしなくてもokになるように、
そんな日が来るといいですね。
2008/04/27(日) 14:56:06 | URL | よつばのかーちゃん #-[ 編集]
シェルティ2頭ということで
必然的に抱っこではなくカート使用となり、
そのルールを守っているだけなのにね。
人と犬の共生、共存のためにいろんなマナーができていき、
そのための道具も開発されているんですよね。
そういうことがもっと広まっていけばいいなと思います。

ウチもカート購入して正解でした。
つい昨日の犬のイベントでも、
会場は犬仕様にしてあっても、
駐車場が一般の人も使う立体駐車場だったので、
駐車場内はカートを使って移動しました。
。。。でもカート買ったときには、
実家の母(犬などの飼育経験無し)に
「今の犬は「大事、大事」なんやね~」と苦笑されました。。。

ブログやHPしていると、なんとなく感じた自分の考えを表現でき、
文章にするので、その考えをまとめたり、新たなことに気付いたりできていいですね。

私も割りと犬は犬と考えるほうです。
「らいとのママやパパ」という意識はあまりないかな~。
動物病院で「ママさん、パパさん」と呼びかけられて「えっ!誰のこと?」と
呼びかけられているとすぐに気づかなかったりします。
ネット上でも実は「らいとくんのママさん」なんて呼びかけられると、
ちょっとこそばゆいような。。。
2008/04/27(日) 16:37:51 | URL | taka3 #2Z5jlXfU[ 編集]
分かる分かる・・・私も人が多いところでカートに乗せてると、赤ちゃんかと思ったって言われる事が・・・これはまだいいけど、お犬様々って様な事も言われた事が。。。
でもね、人が多いところで歩く人の邪魔になってもいけないし、わんこ嫌いな人もいるんだしって思います。

昔、あるところで仕事してたときわんこ飼ってる人がいて、子供と一緒ですもんねと言ったら、「犬は犬であって子供じゃない、子供のように養育費はいらないし学校にも行かせなくて良いし」って言われました・・・何かが違う。。。そう感じました。
避妊にしてもわんこが可哀相だからって言ってたんですけどそれも違う。。。可愛がっているようでほんとは可愛がっていないんだなぁ~って思っちゃいました。
2008/04/27(日) 21:19:25 | URL | まろすもママ #-[ 編集]
この記事読んで、思わず私も今日の自分のブログ
ちょっと真面目に(?)悩みを書いちゃったよ(^_^;)

お犬様ってホント失礼な言い方だよね。決まりを守ってる
だけなのにね。車の話初めて聞いた。ヒドイねv-358
ベルすずはやっぱりウチの仔だし、私たちはパパとママだもんね。
まだベルが仔犬の頃実家に行く用事があって早く帰りたくてそう
言ったら「あんたはいつもベル、ベル。」姉にも「所詮犬は犬だよ」
同じシェルティを飼ってるのに、そう言われたのは少しショック
だった。犬は犬で、ど~にでもなる、みたいな考え。私には
考えられない。ベルとすずを守るのはホント、私たちしかいないもんね。
ワンコの人生は短いから日々を楽しく大切に一緒に過ごして
いきたいのに、私は吠えるウチの仔たちをよく怒るから最近
それがツライというかそんあ自分が嫌v-390
2008/04/27(日) 23:13:03 | URL | みつば #-[ 編集]
車の話は本当に心の中に引っ掛かる話ですね。
何気なく言った事かも知れませんし、向こうの気持ちも
まったく分からないでは無いだけに、余計ムシャクシャした気持ちになりますね。(もちろんものすごく腹立たしいです)
犬を飼ったことのない人や、犬が特に好きでない人は
犬を家族だと思っている我々に時として冷たい言葉を浴びせることがありますね。

うちの愛犬が亡くなる直前、通院が続き、家族が交代で病院に
連れて行っていました。私しか車で連れて行けないときがあり、
申し訳ないとは思ったのですが仕事を少し遅れて行ったりしたときがありました。
普段からほとんど休みは取らず、残業もかなりしていたので、
緊急の場合許してもらえるだろうと上司にお願いしたら承諾してくれたのですが、
数日後、「息子さんはどうですか?」と茶化したような言い方をされたり、
一年後ぐらいに「あの時は結構大変だったんだよねー」と苦笑気味に
話されたときは、仕方ないと思ってもとっても悲しく、くやしかったです。
このときの上司の言葉は何かの拍子に思い出されたり、まだ心に引っ掛かっています。

長くなってすみません・・・最後に私は「パパ、ママ」と呼ぶ意外に
なんと呼べば?と思います。一緒に住んでいる家族ですから。
2008/04/27(日) 23:48:11 | URL | ロイス #-[ 編集]
v-22cocoパパさん
完全に人としては扱っていませんが、やっぱり「わが家の仔」なんですよね。この仔達を守ってあげられるのは、自分達だけですからねえ。
しかも、人間の子供のように成人しないし(;^_^A

v-22らずむっちさん
私はどうだろうなあ。この日記を書くまでは比較的「犬は犬」と思っているほうだと思ってたのですが、もしかしたら自分が思っている以上に子供のように思っているのかもしれません。
ただ、ワンズにベタベタとずーっと接してはいませんが。
私も犬を飼っていない人の前では「うちの仔」とは言わないかも。
無意識に使い分けてるのかもしれません。
多分、人と重ねるというよりは「守るべき相手」という感覚かなあ。。??
事故のこの一言はどうしても忘れられません(*ノ_<*)

v-22りのさん
確かに相手にしてみれば、人間の赤ちゃんだったらってとっさに考えたんでしょうけど。だからこそ、ワンコをあまりにも軽く考えていたような感じでねえ( ̄~ ̄;)??
そうそう。この笑顔とかこの時間というのがとっても大切だと思う。
たくさんの元気をもらっているから、たくさんの笑顔で過ごさせてあげたいなあって思う♪

v-22よつばのかーちゃんさん
温度差については、ずっと感じていて、犬が嫌いな人のこともとってもよくわかるんです。
だから、エレベーターでもワンコ連れの時は絶対に人とは一緒に乗りません。「良いですよ」って言われても、後から乗るくらい気を使ってるかも。
そうそう。ただ甘やかして可愛い・可愛いって言ってるのとは違うんですよね。
子供という表現を簡単だから使ってしまうのですが、「自分が守らなくちゃいけない存在」なんですよね。
たくさんの元気をくれてるワンズだもの(*^m^*)
2008/04/28(月) 22:46:37 | URL | さらら #mHoN/dMI[ 編集]
v-22taka3さん
ルールを守っているだけでそんな風に言われちゃいますからね。
じゃあ、守らなければもっと言われちゃうんだけど。
私はカートは周りの人のためもありますが、人混みなどでワンコを守る役目もあると思ってます。
そりゃあ、「大事なワンコ」ですから(*^m^*)

私も本当はこの記事を書くまで「犬は犬」と考えてると思っていたのですが、自分が思っているよりはもうちょっと子供(かといって人と一緒とは思ってません)に近い存在かもって思い始めちゃいました。
でも、taka3さんと一緒で「ルーちゃんのママ」って他の人に言われるのは苦手かも(;^_^A
だから、HNも「○○ママ」にしなかったんですよねえ。


v-22まろすもママさん
やっぱり「お犬様様」ってどこでも言われるんですね。
一昔前の庭で番犬代わりに犬を飼うという感覚の世代の人にはちょっと理解しにくいのかもしれません。

>、「犬は犬であって子供じゃない、子供のように養育費はいらないし学校にも行かせなくて良いし」
確かに実際にはその通りなのかもしれませんが、私も何かしっくりいかない感じがします。
可愛がるという基準がそれぞれ違うのでしょうね。
「ワンコが可哀想で怒れない」と言う人もいますが、私は「怒る状況というのはその先にいつかワンコに危険があるかもしれないから、それを今のうちに止めさせたい」ということなんですけどね。


v-22みつばさん
「お犬様様」って言う人いるでしょう??
そうなの~!事故の時に言われたこの言葉は忘れられないの。
結構根に持つタイプかも(;^_^A

「所詮は犬」という言葉ってどうしても理解できないんだよなあ。
人よりもワンコの方がお利口だったりすると思うんだけど(*^m^*)
表現上簡単だから「パパ・ママ」って使っちゃうけどさ、これって人だと思って言ってるわけじゃなくて、「パパ・ママみたいにちゃんと守ってあげる存在」ってことなんだよね♪


v-22ロイスさん
相手は大した事を言ったつもりはないのでしょうけど、それが余計に頭にきちゃったというかなんというか。。。
聞き流せば良いのでしょうけどねぇ(;^_^A

病気になった時、大変だったんですね。
ワンコが体調が悪い時に仕事を休むという口実にはならないって言われてる人を職場で見てから、私もそれを理由には休まないのですが。
本当だったら具合が悪ければ、すぐに病院に行ったりそばにいてあげたりしたいって思うのに、それが出来ないととても辛い気持ちになりますよね。
ロイスさんのように亡くなる前で必死に看病されてる時に、上司に言われたりすると余計に辛い気持ちになっちゃいます。
ワンコも大切な家族なんですもの(/□≦、)
2008/04/28(月) 23:08:14 | URL | さらら #mHoN/dMI[ 編集]
難しいですね・・・
私はワンコのことを子供と同じように考えてるかも。。。
子供を亡くした私にとっては、子供以上の存在かもしれません。
いろんな事を言う人がいますが、やはり「犬でよかった」って言葉は許せませんね。
命の重さに犬も人間も変わりないと思います。
そんなことさえわかってもらえないのが悔しいと思うときもあります。。。
守ってやれるのは飼い主だけなのに、どうしてそんな簡単な事が理解してもらえないのでしょうね。。。
2008/04/28(月) 23:29:49 | URL | ルークママ #-[ 編集]
v-22ルークママさん
お辛い経験があるんですね。。。
私は妊娠も経験したことがなく、もちろん子供もいないので、自分が考えている以上にやっぱり子供のように感じているのかもってこの記事を書きながら思いました。
人も犬も大切な家族です。その家族の命はどれも一緒に大切だと思っています。
だからこそ、あの一言はちょっと辛かったなあ。。。
2008/04/29(火) 18:02:53 | URL | さらら #mHoN/dMI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。