ルーパス・アレンと暮らす楽しい日々
入院継続中です
2010年10月07日 (木) | 編集 |
ルーパスは、昨日のお預けの時点では本日夜に帰宅予定だったのですが。
昨日、採血の結果肝臓の数値が急激に悪化していることが判明しました。
ALT(GPT)は測定不能にまで。


一昨日の午前中の採血ですでに肝臓のデーターが悪くなってきていたので、ご飯が安定したらそろそろステロイドを減量していこうと話していた矢先でした。
夜の度重なる嘔吐は肝臓のせいだったのかもしれません。




今は、ステロイドと利尿剤を中止し、高カロリー輸液&肝臓のお薬でまずは肝臓を戻す治療をしています。
ご飯は消化器サポート(高カロリー)を少しずつ食べさせてもらっていて、吐いたりはしていないようです。
食欲のムラはかなりあるようですが、肝臓の悪化とステロイド中止による影響が大きいのだろうと。


利尿剤を使えないので、今後胸水&腹水がどうのように溜まっていくのか予測できません。
仮に胸水がたくさん溜まっても、今のデーターでは全身麻酔をかけられないので胸腔ドレーンを入れることもできません。


数日間の入院に変更となりました。
集中的に肝臓を治療し、ご飯をコントロールし、呼吸状態の悪化時にすぐ対応できるようにと。
今の状態では家でのご飯のコントロールはかなり難しい状態なので。。。。
それに、それだけで対応できる状態でもないし。





面会に行くと元気そうなルーパスがそこにいます。
すっかり病院を別荘とでも思っているかのように過ごしていて、他のわんちゃんの診察がなく、点滴をしていない時間は院内をフリーで過ごさせて貰っているようです。
一見とても元気そうには見えますが先生が言うには「家ではないことをもちろん理解しているから、気を張って元気な振りをしている」んだそうです。




とにかく、今はルーパスの生命力を信じて無事に退院してくることを祈るしかありません。








シェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラック
ランキングに参加しています。
ポチっと押してくれると励みになります♪
           
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

関連記事
スポンサーサイト