ルーパス・アレンと暮らす楽しい日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





フードチェンジで驚きの変化
2015年06月30日 (火) | 編集 |

お腹の調子が悪くなってから、ロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラを食べていたアレンですが。
それを食べていてもお腹の調子に波があり、ご飯の量を増やせずにいました。
そうこうしているうちに、体重7.8キロまで落ちてしまった。


私、ルーパスのことがあってから、自分が思っている以上に軟便や下痢することにトラウマのようなものがあります。
ちょっとアレンのお腹が緩くなるだけで頭がクラクラ。
アレルギーのこともあり、アミノペプチドからの変更にも抵抗感がありました。
だから、院長先生からの心臓に合わせたフードに変更した方が良いという提案もなかなか受け入れられませんでした。


だけど、いよいよ心臓の状態も悪くなり。
お腹の調子も悪い日の方が多くなり。
院長先生から「アミノペプチドがアレンに合ってるとは思わない。ナトリウム量を下げれば飲水量も減るはずだし、そうすればお腹も良くなるかもしれない。
うまくいくはずだから、この提案についてきなさい。」

と言われ、ヒルズh/dとロイカナの心臓サポート2を試してみることになりました。


ロイカナの方は全然だめでピーピー。
ヒルズh/dは固まった!!


しかも、1日1800mlも飲んでいたのに、500mlまで飲水量が減ったんですヾ(≧▽≦)ノ☆
この飲水量には驚きですよね。


フード変えただけで正常範囲内になったのですから。
合わないフードをずっと食べさせてたのか。。。と反省。
可哀想なアレンさん


まだ、変更して1週間なので4回食・量少なめですが順調です。
これから、量を増やして3回食に戻す予定。



ところが。。。
ここからがアレンらしいというかなんというか。
ひとつの問題が解決すると、必ず新しい問題が起きます。


飲水量が減ったくらいから、ふらつきがあったり、突然起き上がろうとすると立てなくて床でバタバタもがいたり(ノ_<。)
両方の後ろ脚のナックリングが出現。


かなり、以前からヘルニアについては言われてましたが、今のところ痛みがある感じはなさそう。
もしかしたら、心臓のためのACE阻害剤によって血圧が低くなってる可能性も。
急に飲水量が減ったから身体がついていかないのかも??


とりあえず、ACE阻害剤を中止してどうなるのか様子を見ることになりました。
ついでに、高脂血症の薬も中止。


これで少しはふらつきが良くなると良いんだけど。
院長先生からは、「9歳という年齢を考えると、病気のために身体のバランスがいろいろ崩れてるのに、その度になんとか乗り切ってここまでよく頑張ってると思うよ」と言われてます。


だって、まだ9歳だもん。
頑張らなくちゃねアレン




☆薬覚書☆
ベトメディン1.5錠×2(心臓)
ラシックス1錠×2(利尿剤)
ウルソ2錠×1(肝臓)
サラゾピリン1/2錠×2(大腸炎)
ガバペンチン1/2錠×3(部分癲癇)
フルオキセチン1Cap×1(抗不安)

バソトップ(ACE阻害剤)とメバトルテ(高脂血症)は中止。






現在コメント欄は閉じたままとさせてもらっています。




シェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラック
ランキングに参加しています。
ポチっと押してくれると励みになります♪
           
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
「ブログ村 シェルティー」のランキングです。




関連記事
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。