ルーパス・アレンと暮らす楽しい日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





分離不安復活(´・ ・`)
2015年09月08日 (火) | 編集 |

3週間前からフェノバールを開始し、フルオキセチンとガバペンチンを断薬しているアレンさんですが。

最初の1週間はフルオキセチンの影響とフェノバールの影響が強く出て、ひたすら寝てました。
そして、本格的にフルオキセチンの効果が切れ始めた2週間目から、音に対する敏感さと分離不安の症状が増幅(´△`)


お箸が転がる音のような些細な音に、ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノって飛び起き、炊飯器の音に硬直して意識をなくし(涙)
1人では眠れなくなり、夜中も3時間くらい寝たらその後は30分おきに私を起こす。
そして、ことあるごとにトイレに駆け込みシッコ。。。
排尿回数12回~13回。


発作は起きてませんが、これでは穏やかな日常生活なんてとてもおくれず。
ストレスマネージメントも頑張ってるものの、私が一日中じっと動かずにいれば安心して寝てますが、少しでも動けばもう大変。

この敏感なアレンが本来のアレンの姿なので、表情も豊かになり要求も素直に伝えてくれるのではありますが。

9歳にしてこの不安感の強い生活はさすがに可哀想だよねぇ。。。
と、先生とまたまた相談してフルオキセチンを以前の半分量で再開することになりました。
フェノバールとの相乗効果でおそらく半量でも効くだろうとの判断です。


これで、また淡々とストレスマネージメントをすすめて少しでもアレンが穏やかな日常を取り戻してくれればと思います。


この音に対する敏感さと恐怖の異常さはマンションの大規模修繕と震災がきっかけのような気がします。(大規模修繕中のあの震災でした)
あの時もっと気を付けてあげてたらと後悔してしまいますが、後悔しても始まらないので今をいかに穏やかに過ごせるかですね。







現在コメント欄は閉じたままとさせてもらっています。




シェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラックシェルティ セーブルシェルティ トライシェルティ ブルーマールシェルティ バイブラック
ランキングに参加しています。
ポチっと押してくれると励みになります♪
           
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
「ブログ村 シェルティー」のランキングです。
関連記事
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。